家づくり談話

VOL.4 F様邸 2014年9月14日取材

今回は引渡しから1年2ヶ月のF様邸に訪問しました!

とても仲の良いご夫婦でお住まいのPAC住宅でのその後の生活についてお話を伺いました。

Q●家づくりの計画を始めたきっかけについて教えてください。

2014_0914_1震災がきっかけでした。
それから、アパートで家賃を払っていても
自分の家にはならないと考えていたので。
 
 
 
 

Q●PAC工法はご存知でしたか?

親戚の人がエアサイクルの家を建てたのがきっかけで、
空気が流れる工法があることを知りました。
他のエアサイクルとPAC工法の違いについてなど、
社長の熱意ある丁寧な説明を受けていいものなんだと感じました。

Q●会社を決めるまでの過程を教えてください

住宅展示場など、いくつかの会社を見て回っていました。
なかなか、会社が決まらずにいたとき、塗装の仕事をしている
友人が昭栄さんを紹介してくれました。そこで社長と初めて会い、
PAC工法の説明やいろいろな話を聞いていくうちに
気持ちが固まっていきました。
また、昭栄さんの仕事をしている業者さんからの
紹介だったこともあり安心感がありましたね。

Q●入居宅訪問に行かれてどうでしたか?

誘ってもらった時は、先方に迷惑じゃないかと
遠慮がちでしたが、社長の「大丈夫ですよ!」の言葉で、
実際に伺ってみると、家のイメージが膨らみ、
図面では分かりにくい広さや空気感を知ることができたので
行ってみて良かったです。
帰り際にはその施主の方から
「いいお家を建ててあげてくださいね」と
社長に話ているのを見て昭栄さんに
信頼感が持てました。

Q●PAC住宅に住まわれて1年2か月、住まい心地はいかがですか?

話に聞いていた通り、夏は涼しく、
冬は暖かいというのを実感しています。
とくに、他の人の家に入った時に違いを感じますね。
それからアパートに住んでいた頃、
妻は季節の変わり目になるとアトピーの症状が出ていたんですが、
ここに住んでからは気にならなくなったようです。
喘息持ちの私(ご主人)も出なくなりましたし、
自然素材を使った家、というのをとても感じます。
住んで1年2か月、安全・安心を体感しています。

Q●夏と冬の過ごし方はいかがですか?

2014_0914_2夏はエアコンの温度設定25℃にし、
1~2時間も付けてれば寒いくらいですね。
それから夏の時期は窓を開けているよりも
締め切った方が涼しいんです。
この話を友人に話しても信じてもらえないんですけどね(笑)
冬はエアコン1台で過ごしました。
ただ、吹き抜けで暖気が上がって寒かったので
シーリングファンをつけてもらいました。
今年シーリングファンを使っての初めての冬を迎えます。

Q●電気代はどのような感じですか?

【アパート】
〈ガス代〉夏…約7,000円/月 冬…約15,000円/月
〈電気代〉夏…約8,000円/月 冬…約4,000円/月
 
【PAC】
〈ガス代〉夏…約2,000円/月 冬…約2,000円/月
〈電気代〉夏…約8,000円/月 冬…約25,000円/月
 
エアコンの室外機が雪の吹き溜まりで
調子が悪かったことも重なり、
高額でしたが今年はエアコンもシーリングファンも
整ったので楽しみです。

Q●計画中に思い描いていたものと実際に住んでみて異なる点はありますか?

希望が形となった家です。
ただ一つ、お客さんが来た時のことを考えると、
坪数をもう少し大きくしたら良かったかなと感じてます。
30坪にこだわっていたので…

Q●計画中の思い出はありますか?

2014_0914_3打合せは毎週行ってました。
居心地が良く、楽しかったです。
イメージとしては、和ではなくナチュラルな感じが
良かったので、リビングダイニングの部屋も
巾木はないものと考えていたんですが、
掃除機を当てたときに傷がつくと言われたので
つけてもらいました。
今では提案をしてもらって良かったと思っています。
建築中も着々と進んでいくのを見ていて、
楽しみが増えていきました。

Q●これから家を建てる方へアドバイスをお願いします

長い目で考えて、工法的に良い家に住んでほしいです。
機械に頼る生活より、自然の力で快適に過ごしてもらいたいです。
家も生きているので、呼吸させてあげられる家をおすすめします。
アパート暮らしをしていると広さの感覚がつかめず、
打合せ段階では十分なスペースと感じていましたが、実際に住んでみて
もう少し広く建てても良かったかなと感じています。
こんなこともあるので、見学会や入居宅訪問には
行ってみることをお勧めします。
我が家でよければぜひ来てください。

 
お問い合わせ