衣替えのできる家

PAC住宅のしくみ

夏と冬、昼と夜の断熱の矛盾を自然な空気の流れで解消します。

PAC住宅は、外張り断熱+集熱通気層+躯体内空間+蓄熱基礎コンクリート等の工法と調湿する自然素材など建築的手法で、冬は太陽熱、夏は夜間冷気を利用するパッシブハウスです。省エネルギーな健康住宅を提供します。使用される材料も無垢の木材や本物の漆喰など自然素材・安全で安心なもの、エコロジーな自然住宅です。
PAC住宅のしくみ

■夏の空気の流れ

自然風で壁の中などを徹底的に換気し、安全で健康な空間をつくりだすとともに、建物内から熱気を放出、夜間の外冷気を蓄え昼の暑さに備えます。パッシブ換気・パッシブクーリングシステムです。

■冬の空気の流れ

自然の原理により、密閉された躯体内空間の中には、太陽熱や生活熱などで暖められた循環する空気の流れが生まれ、建物全体を均一な暖かさに保ちます。


sub2

有害揮発物質を放出する機能

PAC住宅の夏のパッシブソーラーとしての性能は、昼間の熱気を外に放出し、夜間の外冷気を建物内にとりいれて土間コンクリートに蓄熱し、昼の暑さに備えるだけではなく、万が一、躯体内空間に入ったVOC揮発性有機物質を素早く外へ放出してしまう安全装置としての機能があります。また、Z無垢の木材や本物の漆喰などで建てられていますので、VOC(揮発性有機化合物)などが建築材料から発散される危険性はありませんが、隣家で農薬や白蟻駆除剤をまいたりしてその揮発物質が床下空間など建物内に入り込んでしまった場合の安全装置としても働きます。
PAC住宅のしくみ図2

 
お問い合わせ