ZEHの家

ZEH住宅(ゼロエネルギーハウス)とは?

ZEH(ゼッチ)とはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスのこと。 高断熱性能、高効率な省エネ設備により、年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロ(またはマイナス)の住宅を指します。これらの設備により、日常生活にかかる電気代を大きく削減できるメリットや、災害時や停電時にも蓄えた電力を利用できるメリットが生まれます。 政府の「エネルギー基本計画」によると「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指す」という政策目標が掲げられており、今後ZEHの家が主流になってくることが予想されます。

家庭でのエネルギー収支0が、これからの暮らしのスタンダードです。

ZEH(ゼロエネルギーハウス)目標公開

わたしたち、昭栄創建株式会社は2014年4月に閣議決定されました「エネルギー基本計画」に基づき、以下の通り目標を掲げ普及に努めます。

平成28年12月28日

ZEH普及目標

ZEH普及目標

※当社受注の注文のうち、ZEH住宅の比率目標

ZEHの周知・普及に向けた具体策

ZEHの必要性と弊社の取組みをホームページや見学会等で告知し、お客様への周知・普及に努めます。

ZEHのコストダウンに向けた具体策

断熱性能の向上だけでは限界があるため、間取りや屋根形状、開口部の取り方や採風など、パッシブデザインを考慮したプランニングを最大限活用し、また創エネに取り組みます。その上で、高性能な建材・設備を検討していきます。